IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

HashiCorp Japan 株式会社

事例

HashiCorp Japan 株式会社

電気自動車の開発にKubernetesを採用、メルセデス・ベンツが直面した課題とは?

自動走行が可能な電気自動車の開発を目指すメルセデス・ベンツでは、クラウドおよびKubernetesインフラへの移行を決断する。だがそこで課題となったのが、可視性の欠如によるパフォーマンスの低下だった。これを解決した方法とは?

コンテンツ情報
公開日 2021/12/24 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 8ページ ファイルサイズ 1.11MB
要約
 自動車の開発はもちろん、最先端のテクノロジー活用や画期的なイノベーションにも取り組んでいるメルセデス・ベンツ。同社では、ネットワークに接続され自動走行が可能な電気自動車を開発すべく、数十億ものデータポイントと接続して調整を行える、堅牢かつ俊敏なインフラの構築が急務となっていた。

 そこで同社は、既存インフラのクラウド移行と、Kubernetesの導入によるコンテナ活用を開始する。しかし、各クラスタで実行されるサービスが増えるにつれ、サービスどうしの連携が難しくなり、可視性の欠如によるパフォーマンスの低下が課題となってきた。これを解消するために採用されたのが、クラウドネイティブなサービスディスカバリツールだ。

 個々のクラスタと依存関係にあるサービスを迅速に特定することができる同ツールにより、アプリケーションのインベントリ管理が劇的に改善。200以上のサービスを複数のKubernetesクラスタで実行できるようになった他、サービスディスカバリと接続を数日から数分に短縮するなど、大きな効果が生まれている。本資料で、その実力を詳しく見ていこう。