IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本オフィス・システム株式会社

製品資料

日本オフィス・システム株式会社

レガシーは今が捨て時? 実はDX時代に受け継ぐべきIBM Power活用法

DXに向け、レガシーなシステムから脱却する動きが活発化してきた。1980年代の発売開始から30年以上を経過し、現在も数多く稼働しているIBM Powerのユーザー企業も、この岐路に直面している。ベストな選択は何なのか。

コンテンツ情報
公開日 2021/12/22 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 6ページ ファイルサイズ 1.39MB
要約
 経済産業省のDXレポートでいわゆる“2025年の崖”が指摘されて以降、既存システムのブラックボックス化の解消が急がれている。その代表格が、IBM Powerだろう。そのOSであるIBM iは信頼性と継承性の高さが特徴であり、それだけにシステム担当者の世代交代による後継者不足という課題が直撃してしまう。

 一方で、使い勝手が良くなるように長年育ててきた既存システムは、自社の要件に合致するものでもある。人材不足だからといってレガシーシステムを廃止するのは早計だ。IBM iであれば実は既存システムを踏襲しつつ、APIを通じて他システムと連携ができる。例えば1つのデータベースアプライアンスなどとして、これまで蓄積された強みを生かし続けられることも可能だろう。

 では、実際に使い続けるためには、どんなツールや環境が必要となるのか。本資料では、IBM Power/IBM iを継続利用するポイントを解説するとともに、IBM iに特化したクラウドサービス、災害対策など、活用レベルを高めるサービスも紹介している。DXの進め方に悩んでいるなら、まずはIBM Powerから着手してはどうだろう。