IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

クリックテック・ジャパン株式会社

製品資料

クリックテック・ジャパン株式会社

迅速な意思決定を阻害する、データ利用者/提供者の間にある“確執”とは?

変化の激しい時代において、デジタル経済で迅速な意思決定を行うためには、スピードとリスクのバランスを取りながらデータを活用することが重要だ。しかし、データ利用者/提供者の間には“確執”があり、実現が難しいという現実がある。

コンテンツ情報
公開日 2021/12/21 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 11ページ ファイルサイズ 545KB
要約
 デジタル経済において迅速な意思決定を行うためには、最新のデータをリアルタイムに入手することが重要だ。これにより、変化の激しい時代でも組織の競争力を強化することができる。近年ではクラウドや自動化技術、DataOpsのアプローチが登場し、データ提供の改革も進んでいる。

 しかし、より多くのユーザーが即時にデータを入手できるようになると、セキュリティリスクが高まるのが実情だ。加えて、データを利用する側と提供する側の間にある“確執”も解消する必要がある。前者は迅速なデータ提供を求める一方で、後者はセキュリティリスクを解消しながら慎重にデータを準備しなくてはならず、緊張関係にあるのだ。

 本資料ではこれらの課題を解消し、スピードとリスクのバランスを取る方法について考察する。その具体策として、データ統制に階層型システムやデータカタログを導入することを提唱し、クラウドの重要性についても言及する。併せて、次世代のデータ分析と迅速かつセキュアなデータ提供を実現する、データ統合プラットフォームも紹介している。