IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

サイバーソリューションズ株式会社

製品資料

サイバーソリューションズ株式会社

PPAPに潜む3つの危険を回避、安全なファイル送受信に移行する2つのステップとは

ファイル共有のセキュリティ対策として広く浸透している「PPAP」だが、昨今、その危険性が指摘され、PPAPを廃止する企業が急増している。PPAP問題とは何かを考えながら、“脱PPAP”を実践する2つのステップを紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2021/12/06 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 20ページ ファイルサイズ 2.09MB
要約
 ZIP暗号化ファイルとその解凍パスワードを別メールで送ることから、一見安全性が高く感じられ、多くの企業が利用している「PPAP」。しかし昨今、PPAPに潜む危険性が指摘され始め、“脱PPAP”の動きが加速している。PPAPの何が危険かを考えてみると、ファイルとパスワードを同じネットワーク経路で送ることによる「盗聴」の危険の他、「誤送信」や解凍時の「ウイルス感染」という3つの危険が挙げられる。

 そのため、ファイルとパスワードは別経路で送る、送信者がいつでもファイルを削除できる送信方法を取る、ZIPファイルを社内ネットワークに入れないといった対策が必要になるわけだが、「必要に迫られていない」「運用変更に手間がかかる」などの理由からPPAPを継続している企業も多いのが実情。現行の運用をなるべく変えずに安全性を担保できる仕組みづくりが求められている。

 そこで本資料では、PPAPを安全なファイル送受信に代替するためのたった2つのステップを紹介する。PPAPに潜む3つの危険についても詳しく解説しているので、メールセキュリティへの理解を深めつつ、脱PPAPを実践するための参考資料として役立ててほしい。