IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

ベル・データ株式会社

製品資料

ベル・データ株式会社

実践例で学べる、人材不足でも企業の成長につながる「3つのDXアプローチ」とは

人材不足が深刻化する中、業務の自動化をはじめとするデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みが必要不可欠となってきた。人材不足への対応と企業の成長を両立させるための3つのDXアプローチと、その実践例を紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2021/11/30 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 5ページ ファイルサイズ 606KB
要約
 少子高齢化を背景に人材不足が深刻化する昨今。限られた人材で生産性を上げ、業績向上につなげる必要性がますます高まっている。その実現の鍵ともいえるのがデジタルトランスフォーメーション(DX)だが、「何から始めたらよいのか分からない」という企業も少なくないだろう。

 では、人材不足を念頭に置いたDXを推進するに当たって、どのようなポイントを意識すべきなのか。まず頭に入れておきたいのが、戦略的な人材配置を目指すという視点だ。例えば営業活動では、注力すべき分野を定め、それ以外の部分を効率化することで人的リソースを再分配し、注力分野を強化していく必要がある。その実現には、手作業で行っている業務を自動化し、余剰人的リソースを生み出すといったDXアプローチが有効だろう。

 また、新たな価値創造に向けた業務フローそのものの見直し、データドリブンな戦略立案ができる仕組みづくりという2つも意識したいポイントだ。本資料では、この3つのDXアプローチについて、注意点も含め解説する。併せて、このアプローチの実践によって営業活動の改革を進める「日本サニパック」の取り組みも紹介する。