IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

ドキュサイン・ジャパン株式会社

レポート

ドキュサイン・ジャパン株式会社

実態調査:脱・紙文化の流れが加速か、電子契約/署名の便利さを94%が実感

紙とハンコの文化が抱える課題の解決手段として注目される電子契約/電子署名サービス。DX(デジタルトランスフォーメーション)推進の鍵として注目される一方、いまだ導入に踏み切れない企業も多い。調査により、導入課題を明らかにする。

コンテンツ情報
公開日 2021/11/29 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 15ページ ファイルサイズ 917KB
要約
 国内企業においていまだ主流となっている、紙による契約。しかしある調査では、契約書類の作成や管理などにおいて60%以上が「不便さを感じている」と答えたように、その弊害は広く認識されている。

 一方、こうした課題を解決するものとして普及が進む「電子契約/電子署名」は、導入企業の94%が便利と感じ、ペーパーレス化や事務処理作業の効率化といったメリットを実感している。その差は歴然といえるが、しかしなぜか、電子契約/電子署名の導入が18%にとどまっているという実態がある。その理由には、「契約先が電子契約を受け入れない」「紙との並行利用による煩雑さ」といった、根強く残る「紙文化」の存在がある。

 本資料では、1000人のビジネスパーソンを対象に行った調査をもとに、電子契約/電子署名の導入・利用状況を明らかにするとともに、導入を阻害する要因を解説する。これにより、日本特有の「紙文化」「ハンコ文化」を克服することが、DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進に直結することが理解できるはずだ。