IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

株式会社インターナショナルシステムリサーチ

製品資料

株式会社インターナショナルシステムリサーチ

調査で見えたパスワード認証の危険性、セキュリティレベルをどう向上させる?

ハッキング被害の80%以上はパスワードの漏えいが原因という調査結果もあり、パスワード認証の危険性が指摘されている。セキュリティレベルを向上させるには「多要素認証(MFA)」の活用はもはや必須であり、早急な移行が求められている。

コンテンツ情報
公開日 2021/11/26 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 19ページ ファイルサイズ 3MB
要約
 システムへのアクセス時などに、そのユーザーの妥当性を確認するために用いられるパスワード。しかし、このパスワード自体が深刻なセキュリティ侵害を引き起こしている現実がある。ある調査によると、ハッキング被害の80%以上は紛失あるいは窃取されたパスワードが原因だという。

 もし簡易なパスワードのみの防御で個人情報が漏えいしてしまえば、巨額の賠償の発生や、ユーザーや市場からの信頼低下を招きかねない。そこで活用したいのが多要素認証(MFA)だ。MFAは2つ以上の認証要素を併用することでセキュリティレベルを向上させ、脅威に対する防御を強化することができる。

 本コンテンツではパスワード認証の危険性を指摘した上で、MFAが必要とされる理由や認証要素の種類、各認証方式のセキュリティレベルの違いなどについて解説する。併せて、公開鍵暗号方式を採用し、高セキュリティかつ高確度な本人確認を実現するMFAソリューションも紹介。豊富な導入実績を誇り、ゼロトラストモデルにアップデートされているので、注目してほしい。