IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

株式会社アイエスエフネット

製品資料

株式会社アイエスエフネット

内製では負担が大きい、クラウドグループウェアへのデータ移行の最適解とは

働き方改革や新型コロナ対策を背景に、導入が進むクラウドグループウェア。その一方で課題となるのが、既存環境からのデータ移行だ。完全な内製は困難であるため、自社の規模やシステム環境に合わせた最適なソリューションを選択したい。

コンテンツ情報
公開日 2021/11/25 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 609KB
要約
 DXや働き方改革の推進などを背景にクラウドサービスの利用が拡大している今。効率的な業務に欠かせないグループウェアにおいても、オンプレミスに構築している環境から、Microsoft 365やGoogle Workspaceなどのクラウド製品への乗り換えを検討する企業が増えている。

 とはいえグループウェアには、メールや予定表、連絡先、共有ファイルなどさまざまなデータが存在するため、これら全ての移行はシステム担当者やユーザーに多大な負担がかかってしまう。そこで有効なのがアウトソーシングサービスだが、大規模なシステム移行サービスは費用が高くなることもあるため、企業規模や社内のシステム環境に合ったものを選定したい。

 本資料では、クラウドグループウェアへのデータ移行について、課題と解決策を提起する。併せて、特にMicrosoft 365への移行に関する豊富な知見を持ち、オンプレミスのファイルサーバや社内ポータルからのデータ移行など、細やかな対応が特長のアウトソーシングサービスを紹介する。システム移行に関しても、計画から活用支援、セキュリティへの対応まで、クラウドグループウェア移行をトータルにサポートするという。