IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

SB C&S株式会社

製品資料

SB C&S株式会社

間近に迫る「IE 11」のサポート終了、IE依存の業務システムを延命する方法とは

IE 11のサポート終了により、IE依存の業務システムやレガシーシステムが、一斉に使えなくなる日が間近に迫っている。アプリのモダン化やSaaSへのシフトが間に合わない組織に向け、IE依存システムを延命するための選択肢を提案する。

コンテンツ情報
公開日 2021/11/24 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 36ページ ファイルサイズ 4.63MB
要約
 2022年6月15日をもって、Internet Explorer(IE) 11のサポートが終了する。IE依存の業務システムを保有する組織にとって、それらが一斉に使えなくなる日が近づいているのだ。この問題は自社だけでなく取引先にも影響する他、古いネットワーク機器の管理コンソールなど、レガシーなシステムがIEに依存している場合、デジタルトランスフォーメーション(DX)の足かせにもなる。

 これを機にアプリのモダン化、SaaSへのシフトができれば理想的だが、それが難しい組織は何らかの延命措置を取る必要がある。その場合、最もシンプルな選択肢となるのが、IE互換ブラウザの利用だろう。また、モダンブラウザをカスタマイズして導入する方法もある。

 本コンテンツでは、これらの取り組みの具体策となるソリューションや、ブラウザの置き換えによって生じる複数ブラウザの混在、使い分けの煩雑化を解消する方法について紹介する。他にも、モダンブラウザの選定ポイントを5つ提示し、それらに沿ってMicrosoft Edge、Google Chrome、Mozilla Firefoxを比較している。