IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

株式会社ユニリタ

製品資料

株式会社ユニリタ

「固有要件に縛られた帳票システム」をクラウド化するための勘所とは?

これまでアナログ作業が主だった印刷業務も、請求書発行や文書保管用ストレージなどの業務特化型クラウドサービスで効率化を促進できるようになった。ただ、それらで解決できない固有要件の業務がある場合、別の解決策が必要だ。

コンテンツ情報
公開日 2021/11/18 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 7ページ ファイルサイズ 1.4MB
要約
 クラウド化の波が押し寄せたのは、請求書をはじめとする帳票の印刷業務も例外ではない。従来ならコロナ下でも出社を余儀なくされていたところ、請求書発行サービスの活用によって、請求書が電子化され、印刷や封入封緘、発送などの業務をリモートワークで対応できた組織が少なくない。

 一方で課題となったのが、業務の集計や作業指示書といった社内向けの帳票だ。企業固有の業務と密接な関係にあるため、基幹システムに帳票を生成する仕組みが組み込まれているケースが多く、これがクラウド移行を難しくしている。特に、標準化ができない業務は、請求書発行サービスのような業務特化型クラウドサービスでも解決できないため、社内業務として残り続けてしまう。

 こうした標準化できず、固有要件の業務をデジタル化する方法はあるのだろうか。本資料では、帳票にまつわる印刷業務の課題を整理し、それぞれの解決策を提起している。「どうしてもクラウド化できない」という帳票業務もクラウド化できる包括的なサービスも紹介されており、コロナ後を見据えたDX推進の道筋が見えてくる内容となっている。