IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

ベル・データ株式会社

事例

ベル・データ株式会社

「IBM iはクローズド」は誤解? 日本サニパックはDXをどう実現したのか

基幹系の基盤として多くの企業で活用されているIBM iだが、クローズドな印象が強いため、DX実現のイメージが湧かないという声を聞く。そうした中、IBM iとLINEを連携させたチャットボット発注システムにより、DXを実現した企業がある。

コンテンツ情報
公開日 2021/11/18 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 5ページ ファイルサイズ 651KB
要約
 多くの企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に取り組む中、基幹システムの基盤として活用されているIBM iが、その流れに取り残されている。IBM iは安定性などが高く評価を受ける一方で、他システムとの連携が難しく、クローズドであるという印象が強いためだ。

 その中で、IBM iとLINEを連携させたチャットボット発注システムにより、DXを実現しているのが日本サニパックである。同社では、IBM i上にあるデータベースとチャットボットサービスをクラウドサーバ経由で連携させ、在庫の有無や金額などをLINE上で自動返信し、顧客側から簡単に商品発注ができる仕組みを構築。必要な機能の大部分はIBM i上の既存システムで賄ったため、最小限の工数で構築が完了したという。

 これにより同社は、業務の効率化、売り上げの向上、取引先の拡大など、さまざまな成果を上げている。本コンテンツでは同社の事例を通じて、IBM iをベースとしたDX実現の可能性について提起している。自社で稼働するIBM iのさらなる活用のためのヒントとしてほしい。