IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本オラクル株式会社

Webキャスト

日本オラクル株式会社

事業再編の迅速化や予実管理の可視化も可能に、DX時代に最適な「ERP」とは?

コロナ禍を受けてDXによる経営戦略の見直しが加速しているが、“ポストコロナ”を見据えた場合、経営層は、事業再編の迅速化や予実管理の可視化といった高度な要件に対応する必要がある。その解決策となり得るERPの現状を見ていく。

コンテンツ情報
公開日 2021/11/15 フォーマット URL 種類

Webキャスト

ページ数・視聴時間 45分16秒 ファイルサイズ -
要約
 新型コロナウイルス感染症の影響により、あらゆる企業がDXによる経営戦略の見直しを急速に進めている。しかし、“ポストコロナ”を見据えた場合、経営層には在宅勤務/テレワーク対応にとどまらず、事業再編/新規事業展開のスピードアップ、経営数値の迅速な集計、予実管理の数値化/可視化といった、より高度な要件が課せられることになる。

 こうした背景の基、バックオフィス業務を効率化するERPにも、変革が求められている。従来のオンプレミス型ERPは、運用コストの負担、サポート期限切れに加え、リモートワークやグローバル化など業務環境の変化に対応できないという課題があった。そこで、いま注目されるのが、サブスクリプションモデルで費用の負担を軽減し、拡張性や柔軟性にも優れた、クラウド型のERPだ。

 本Webキャストでは、DXを推進する上で経営層が直面している悩みや、その解決策となり得るERPの現状について紹介する。あわせて、多数のグローバル企業でクラウドERP導入を支援してきたコンサルタントが、導入で失敗しないための勘所について、実例を基に解説しているので、ぜひ確認してほしい。

※本コンテンツは、Oracle NetSuiteが過去に開催したウェビナーを録画したものとなります。