IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本ビジネスシステムズ株式会社

製品資料

日本ビジネスシステムズ株式会社

クラウドVDIの注意点とは? Azure Virtual Desktopの運用課題を解決する方法

クラウドVDIは、オンプレミスのVDIに比べて運用面の注意点は少ないと思われがちだ。しかし実際は、クラウドVDIだからこそ気を付けたい点も幾つかある。本資料では、Azure Virtual Desktop(AVD)の運用に役立つノウハウを紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2021/11/16 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 10ページ ファイルサイズ 1.56MB
要約
 クラウド型仮想デスクトップサービスであるクラウドVDIは、オンプレミスのVDIと比べて運用が簡単だと思われがちだ。確かにそうした面はあるものの、一方でクラウドVDIだからこそ注意すべき運用の課題も存在する。例えば、クラウドVDIの中でもいま注目されている「Azure Virtual Desktop」(AVD)では、マルチセッションなど多彩なメリットがあるが、キャパシティーやセキュリティ、課金・障害関連の課題が挙げられる。

 本資料では、AVDの運用で起こりがちな課題の実例を紹介するとともに、それらを解決する実践ノウハウを解説する。具体的には、キャパシティーのサイジング、アクセス用端末と仮想マシン(VM)に関するセキュリティ、課金管理と障害対応など、数々の企業のAVD導入・運用を支援してきた事業者が蓄積したノウハウだ。

 併せて、同事業者がAVDの快適な運用をサポートするマネージドクラウドサービスも紹介する。AVD運用に欠かせない“可視化”ツールと、経験・知見に裏打ちされたサービスにより課題を解決し、障害発生時の素早い復旧やアウトソースにも対応しているという。その特長の詳細を本資料で確認してほしい。