IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

パロアルトネットワークス株式会社

製品資料

パロアルトネットワークス株式会社

ネットワーク/セキュリティ課題を解決へ、SASE導入に「5つのポイント」

クラウドやテレワークに対応する手段として、ネットワーキングとセキュリティを融合するSASEのニーズが高まっている。ただ、導入企業はまだ多くはなく、確実な成功を導く方法が模索されている。先行企業では何がポイントになったのか。

コンテンツ情報
公開日 2021/11/11 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 7ページ ファイルサイズ 1.23MB
要約
 クラウド環境におけるネットワーキングとセキュリティを融合するセキュアアクセスサービスエッジ(SASE)は、パンデミックに伴うテレワークの急速な浸透により、注目度が高まったアプローチだ。SD-WANの接続性やクラウドベースの多機能ネットワークセキュリティなどの特長が高く評価されている。

 では、このSASEを採り入れるには、具体的にどうすればよいのか。すでにSASE導入を果たしている組織の多くが推奨するのは、まずはどの領域に対してSASEを適用するのか明確にした上で、小規模から始めることだという。他の領域への拡張は、後から行うことも容易だ。他には、既存のファイアウォールやWebフィルターの契約更新も導入機会に適しており、SASEが効果的な代案となる。

 さらに本資料では、SASEを導入するに当たって検討すべきポイントを5つ提示している。SASEの要件は多岐にわたり、システム全域に影響を与えるため、シングルベンダーとマルチベンダーのどちらを選ぶか、既存のポイントソリューションをサポートできるかなどを考慮することが成否を分けることになるという。