IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット
  • ITmedia ビジネスオンライン
  • ITmedia NEWS

株式会社 日本HP

製品資料

株式会社 日本HP

外観検査などの現場で「エッジAI」が活躍、AI向けワークステーションが追い風に

研究開発の現場にとどまらず、AIをビジネスに組み込もうとする動きが活発化している。オフィスや製造現場でも利用できるAI向けワークステーションと組み合わせて、AIによる外観検査/画像判定ソリューションを提供する企業も現れ始めた。

コンテンツ情報
公開日 2021/11/09 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 30ページ ファイルサイズ 3.85MB
要約
 かつては研究開発の現場などのハイエンドコンピューティング分野で、限定的に使用されてきたAIだが、現在では小売業や製造業、医療などの幅広い分野、業種での活用が進んでいる。その背景には、AI基盤としてクラウドが台頭したことがあるが、一方で隠れたコストへの懸念や不可避な処理オーバーヘッドなどのデメリットもある。

 こうしたデメリットを考慮したうえで、オンプレミスに設置したワークステーションを基盤としてAIをビジネス活用するという、「エッジAI」を採用する企業も増えている。エッジAIであれば、どれほど大量のデータでも、現場でリアルタイム処理でき、機密データが漏えいするリスクも低い。また、料金の加算を気にせず実験や業務に集中できるというメリットもある。

 本コンテンツでは、エッジでのAI活用を選択したさまざまな企業の事例を紹介するとともに、その基盤となるワークステーションに求められる要件を挙げている。併せて、ユースケースごとにラインアップされた、AI特化型のワークステーション製品を紹介しているので、自社のニーズにマッチするエッジAI基盤を選定する際に参考にしてほしい。