IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

クリックテック・ジャパン株式会社

Webキャスト

クリックテック・ジャパン株式会社

データ分析を促進する「データパイプライン」、構築の基になる3つのトレンドは

データの流通量が爆発的に増加する中、優れたデータ分析を実現すべく「データパイプライン」の構築が進んでいる。昨今のトレンドを踏まえ、クラウドデータプラットフォームを活用したデータパイプライン構築のポイントを解説する。

コンテンツ情報
公開日 2021/11/05 フォーマット URL 種類

Webキャスト

ページ数・視聴時間 31分3秒 ファイルサイズ -
要約
 データをビジネス価値に変え、競争力の向上につなげる必要性が高まっている今。多くの企業がデータの活用・分析を推進している。しかし、ビジネス価値の創出どころか、「実用的なデータ活用にも苦労している」という企業がまだまだ多いのが実情ではないだろうか。

 その要因の1つとして挙げられるのが、「データパイプライン」だ。うまく構築すれば、手作業を減らしてタイムリーかつ正確なデータ分析を促進できるデータパイプラインだが、その構築や運用に苦戦し、生かしきれていないケースは少なくない。では、データパイプラインはどのように構築していくべきなのか。

 本Webキャストでは、クラウドアプリケーション開発、データウェアハウス刷新、次世代型データレイクという3つのトレンドを基に、クラウドデータプラットフォームを活用したデータパイプライン構築のポイントを解説する。その成功事例の他、クラウドデータプラットフォームにリアルタイムのSAPデータを容易かつ自動的に移動する方法を、デモ画面を使って紹介しているので、自社での導入・利用をイメージしながら視聴してほしい。