IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

レック・テクノロジー・コンサルティング株式会社

製品資料

レック・テクノロジー・コンサルティング株式会社

データベースのクラウド移行を成功させる、アセスメント/PoCのコツとは?

Oracle DBなどオンプレミスの商用RDBMSからクラウドへの移行は難しいと思われがちだが、アセスメントやPoCの要点を押さえておけばそれほど怖くない。数々のプロジェクトを手掛けるプロ集団が培ってきたノウハウから、そのコツを探る。

コンテンツ情報
公開日 2021/10/11 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 912KB
要約
 基幹系データベースのクラウド移行は、難しいと思われがちだ。しかし、実現できれば拡張性の担保や運用負荷の軽減、ハードウェア更新といった大掛かりなプロジェクトからの脱却など、多くのメリットが期待できるため、検討を進める企業も少なくない。

 移行可否を検討するアセスメントにおいて主に見るべきは、可用性や拡張性、セキュリティなどの「各種要件」と、「データ移行性」、そして「アプリケーション移行性」の3つにまとめられる。これらのノウハウは、あるプロフェッショナル集団がオンプレミスのOracle DBから、PostgreSQL互換のクラウド専用RDBMSであるAmazon Auroraへの移行プロジェクトを数多くこなすうちに培ったものだ。

 同集団はPoC(概念実証)にも知見があり、ユーザー側はアプリケーションエンジニアさえ用意すればスムーズな検証を行えるという。データベースのクラウド移行に悩む企業は、ぜひ本資料で同集団の実力を確認してほしい。