IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

INFINIDAT JAPAN合同会社

製品資料

INFINIDAT JAPAN合同会社

ストレージ投資の平準化・可視化を実現、注目のサブスクリプションモデルとは

データはDXの推進に不可欠であるものの、コスト予想が難しく、的確な投資判断ができない企業は多い。こうした状況を打開すべく登場したのが、ストレージ投資の平準化・可視化を実現するサブスクリプションモデルだ。

コンテンツ情報
公開日 2021/09/30 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 2.18MB
要約
 デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するには、自社の要件や規模に合ったストレージを選定することが重要だ。しかし、多くのクラウド型ストレージサービスは従量課金であるため、規模が大きくなるほどデータの維持管理費用は増大する。データが急激に増加すれば、想定外の出費が発生する可能性もあるだろう。

 そこでオンプレミスのストレージに切り替える企業は多いが、データが増加し続ければ物理的なサイズ上限が運用の妨げになる。これを解消するにはハードウェアを増強する他ないが、申請や承認のハードルが高く、やむを得ず現場の独断でデータを消去する事態も発生している。

 この状況を打開すべく登場したのが、サブスクリプションモデルを採用したストレージだ。機器本体や保守・導入設置費用、データ移行費用を含め、オンプレミスのストレージにかかるコストを定額で提供。契約期間中に契約容量を使い切らなかった場合は、返金または繰り越しが可能となる。ストレージの投資を平準化・可視化するその実力を、本資料で確認してほしい。