IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

エクイニクス・ジャパン株式会社

Webキャスト

エクイニクス・ジャパン株式会社

クラウド活用を進化させるヒント、ITインフラは「クラウド隣接」が重要に

多様なデバイスやビジネスの現場に浸透し、クラウド活用が進むにつれ、データやアプリケーションなどの分散が進み、管理が困難になりつつある。従来のデータセンター集約型のワークロード管理からの転換が必要だ。

コンテンツ情報
公開日 2021/09/28 フォーマット URL 種類

Webキャスト

ページ数・視聴時間 52分43秒 ファイルサイズ -
要約
 多種多様なデバイスの浸透、パブリッククラウドの利用拡大などにより、データセンター環境は大きな節目を迎えている。従来の集約型のワークロード管理は限界を迎えつつあり、分散したデータやアプリケーションを包括的に管理するためには、それぞれをつなぐネットワーク、そしてエッジにも配慮しなければならない。

 そこで注目されるアプローチが「クラウド隣接」だ。エッジやクラウド、データセンターの物理的な距離を近接させるとともに、多様なクラウドサービスと相互接続されたプラットフォームを利用することで、ハイブリッド/マルチクラウド環境下におけるワークロード管理をシンプルにし、ネットワークのコストや遅延に関する課題も一挙に解決する。

 本コンテンツでは、このようなクラウド隣接を実現するデータセンターサービスをはじめ、デジタル時代のデータセンターの在り方を提案している。クラウド隣接モデルの他にも、クラウドデータベースでは性能や可用性などの要件が満たせない組織に最適なデータベースソリューションも紹介。クラウド活用を進化させる手法を明らかにする。