IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本シーゲイト株式会社

レポート

日本シーゲイト株式会社

増大するデータの68%が未活用、調査で見えた「DataOps」によるデータ戦略とは

企業が扱うデータの量が加速度的に増え続けている昨今。ある調査によると、企業が利用できるデータのうち、活用されているデータはわずか32%で、残りの68%は活用されていないという。増え続けるデータを有効活用する方法を探る。

コンテンツ情報
公開日 2021/09/22 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 56ページ ファイルサイズ 2.24MB
要約
 ある調査によると2020年からの2年間における企業データの平均年間増加率は42.2%だという。しかも2020年時点で、企業が利用できるデータのうち、活用されているデータは32%で、残りの68%は活用されていない。マルチクラウドやエッジなど、多様化するエコシステム内で無秩序に膨張しているデータを、いかに無駄にせず有効活用するかが、喫緊の課題となっている。

 さらに同調査では、エッジからコアへのデータ転送量の増加も予測されている。つまり企業は、将来における大量のデータ移動について十分に対策を施しておく必要があるということだ。データの移動だけではなく、サイロに収集されたデータを利用する方法や、収集データのセキュリティを確保した上でのストレージの管理など、課題は山積している。

 本資料は、世界の企業を対象に1500人のIT担当部門長や役員などに行われた調査結果をまとめたレポートだ。現在のデータ管理の課題を解決する、データ生成者とデータ使用者をつなぐ手法「DataOps」に照準を合わせて実施された調査で、その結果に基づいた分析や予測も提示している。DataOpsの導入を検討している経営部門などは、ぜひ参考にしてほしい。