IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

CircleCI合同会社

製品資料

CircleCI合同会社

CI/CDをいつどう使う? 成長ステージ別に知るソフトウェアデリバリーの極意

ソフトウェアデリバリーの進化は企業の成長に欠かせないが、誤ったプロセスやツールの選択は逆にリスクを招くこともある。そこで企業の成長ステージを5段階に分け、ソフトウェアデリバリーのスピードと品質の基盤を固める秘訣を解説する。

コンテンツ情報
公開日 2021/09/21 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 22ページ ファイルサイズ 3.83MB
要約
 チームの規模や企業の成長段階により、ソフトウェアデリバリーに最適なプロセスやツールは異なる。ただし、あまりに早い段階での最適化や、目標を設定しない野放図な変化は、将来的なスピードを損なうリスクもある。そのため、どういったアプローチを、いつどのように導入するかが、極めて重要となる。

 例えば、エンジニア10人未満の「創業ステージ」では、何より“シンプルさ”が重要になる。そのため、継続的インテグレーション(CI)/継続的デリバリー(CD)を早期に導入し、基本的なデプロイを確実に行える体制を整えたい。その後、エンジニアが20人に及ぶ「最初期ステージ」を迎えたら、CDプロセスは簡素に保ちつつ、効率性と生産性を高めるため、CIプロセスを変更していくことが有効となる。

 またこの段階では、マイクロサービスなどデプロイにおいて大量のオーバーヘッドを発生させるアプローチは採用しないほうがよいだろう。本資料ではこのように、創業/最初期/初期/中期/成長期といった企業の成長ステージ5段階で、ソフトウェアデリバリーのスピードと品質の基盤を固めるために、すべきこと/すべきでないことを解説する。