IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

CircleCI合同会社

レポート

CircleCI合同会社

コロナ下でも高いパフォーマンスを維持、調査で見えたCI/CDの導入効果とは?

新型コロナウイルスの影響でリモートの業務を余儀なくされた企業が増えた2020年は、ソフトウェアデリバリーチームにとっても変革の年となった。その中で改めて注目されるCI/CDのアプローチがもたらす効果を、調査結果を基に解説する。

コンテンツ情報
公開日 2021/09/21 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 33ページ ファイルサイズ 705KB
要約
 新型コロナウイルスの影響により、リモートのみでの業務を余儀なくされた企業が多かった2020年は、ソフトウェアデリバリーチームにとっても変革の年となった。誰かのデスクにビルド用マシンがあり、問題発生時は再起動すればよい、といった前提が崩れた今、プロセスを自動化して高速化と信頼性向上を目指すことは、もはや必須となっている。

 こうした中で改めて注目されるのが、CI(継続的インテグレーション)やCD(継続的デリバリー)のアプローチだ。実際に、あるCIプラットフォームを利用する企業への調査によれば、1100万のワークフローの半数が4分未満で完了し、平均復旧時間も約55分となるなど、大きな成果が見て取れる。ただし真の成功には、時間の短さだけを見るのではなく、各メトリクスに基づき自社のベースラインを測定し、徐々に改善することが必要になる。

 本資料では、CI/CDの導入効果について、2020年と2019年のデータを比較しながら詳しく解説する。また、新型コロナウイルスがエンジニアリングチームの生産性に与えた影響や、先行きの見えない中で困難に負けないチームを作るヒントについても考察しているので、参考にしてほしい。