IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

SB C&S株式会社

製品資料

SB C&S株式会社

ハイパーバイザーとの連携で容易に実現、ワークロード保護の新手法とは?

ワークロード/アプリケーション保護の重要性が認識される一方、脆弱性アセスメントや次世代アンチウイルスなどポイント製品の併用環境では、その実現は難しい。この課題を解消し、運用の簡素化と担当者の負担軽減を両立する方法とは?

コンテンツ情報
公開日 2021/09/13 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 23ページ ファイルサイズ 3.34MB
要約
 ある調査によると、組織の4割近くが、ワークロードとアプリケーションをセキュリティ侵害の最大のリスク要因と捉えているという。ワークロードがひとたび脅威に侵害されれば、機密情報の漏えいやシステムダウンによる業務停止、サーバ権限を悪用した社内外へのマルウェアの拡散などの被害を受けることになる。

 こうしたリスクを回避するためには、ワークロードが稼働するサーバ、エンドポイント、クラウド領域という、インフラを構成する全ての要素を保護する必要がある。しかし、脆弱性アセスメントやNGAV(次世代アンチウイルス)による対策、インシデント対応などの個別のポイントソリューションが併用される環境では、一貫したセキュリティを実現することは難しい。

 本資料では、仮想プラットフォームに特化し、ワークロードに対して包括的かつ一貫したエンドポイント保護を提供する、セキュリティソリューションについて紹介する。その最大の特長は、定番のハイパーバイザー製品の標準機能で管理できることで、これにより組み込み型のセキュリティのような運用の簡素化と、インフラチームやセキュリティチームの負担軽減が実現するという。