IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

Jamf Japan 合同会社

製品資料

Jamf Japan 合同会社

PHSに代替する通信手段の管理をどうする? 医療機関でMDMが選ばれる理由とは

PHSの外線電話サービス終了に伴い、医療機関ではiPhoneやiPadなどのモバイルデバイスに刷新する動きが加速している。その際、より難しくなるデバイス管理を安全に行うために導入されているのが、MDM(Mobile Device Management)だ。

コンテンツ情報
公開日 2021/08/19 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 585KB
要約
 外線電話番号を利用したPHSの屋外通話サービス終了に伴い、病院や介護施設などの医療機関では、代替する手段を確保する必要に迫られている。PHSもまだ院内での連絡手段としては利用が可能だが、今後は修理コストなどが上昇していくと考えられるため、早期に別の手段に置き換えた方がよいだろう。

 代替手段としては、通話機能を備えたiPhoneやiPadなどのモバイルデバイスが有力な選択肢となる。しかし、厚生労働省が定める「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」には、盗難や紛失に備えた対策などが義務付けられており、その管理を医療機関で行うのは非常に困難となる。

 そこで注目したいのがMDM(Mobile Device Management)だ。モバイルデバイスの管理を一元化する仕組みのことで、これを専門家に任せることで、医師や看護師は日々の業務に専念できるようになる。本資料は、医療機関におけるMDM利用に関する疑問とその解消法を、FAQの形で紹介している。インターネット接続を禁止している病院での利用法など、特殊なケースへの疑問にも回答されているので、モバイルデバイス刷新を検討する上での参考としてほしい。