IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

INFINIDAT JAPAN合同会社

製品資料

INFINIDAT JAPAN合同会社

クラウドストレージでコストが増大? AI時代のデータ管理はどうあるべきか

AI活用が進むにつれ増大するデータの管理に、クラウドのストレージサービスを利用する企業は多いが、従量課金ならではの思わぬコスト負担や、想定外のサービス停止など課題も少なくない。これを解消する、データ管理の新アプローチとは?

コンテンツ情報
公開日 2021/08/05 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 699KB
要約
 AIの活用によって、ビジネスで利用されるデータは増加の一途をたどっている。当然、これらの膨大なデータの管理にはコストがかかるため、保存するためだけでIT予算が枯渇しかねない。こうした課題の解決策として真っ先に思い浮かぶのはクラウドだが、そこには落とし穴があるという。

 クラウドのストレージサービスは従量課金であるため、データ量が多ければ相当なコスト負担になり、場合によってはオンプレミスの方が安価になることもある。また、運用をプロバイダーに委ねることによる想定外のサービス停止も懸念される他、ダウンロードなどでも課金が発生するなど、データロックイン状態に陥る可能性もある。

 本資料では、クラウドをうまく活用しながら、増え続けるデータを最適コストで保有するための方法について、90年代からストレージに従事している岡田義一氏が解説している。サイロ化するITシステムの壁を越え、オンプレミスのデータを統合して保存し、リソースを上回る分はクラウドを活用するという適材適所な基盤構造は、本当に実現可能なのだろうか。