IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

マイクロフォーカスエンタープライズ株式会社

レポート

マイクロフォーカスエンタープライズ株式会社

データ分析の主流は統合分析ウェアハウスへ、ベンダーはどう取り組んでいる?

多くの組織でデジタルビジネスモデルへの移行が進む中、多構造化されたデータを分析するため、データレイクとデータウェアハウスをまとめた「統合分析ウェアハウス」移行の機運が高まってきた。主要ベンダーへの調査から、その実態を探る。

コンテンツ情報
公開日 2021/08/04 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 37ページ ファイルサイズ 3.14MB
要約
データ分析の主流は統合分析ウェアハウスへ、ベンダーはどう取り組んでいる?
 データレイクとデータウェアハウスは従来、分離したものとして扱われてきたが、これは古い枠組みとなりつつある。主要なベンダーはこれらを融合させた「統合分析ウェアハウス」へと移行し始めている。両機能が統合されることで、コストと複雑さの両方を削減でき、分析アプリケーションの展開も容易になると考えられる。

 ベンダーはこの統合作業に4つの視点から取り組んでいる。新興のデータプラットフォームベンダーは「データレイク」から、データベースベンダーは「データウェアハウス」から、分散型のクエリベンダーは「データアクセス」からと、それぞれの強みによって異なる形だ。さらに、新興のベンダーは「新しい」視点から、統合分析ウェアハウスプラットフォームを設計しようとしている。

 本資料では、主要な12社のベンダーを調査し、この新たなデータ分析手法の展開、機能、アーキテクチャの傾向などをさまざまな角度から解説する。分析テクノロジーを適切にアップデートする指針として役立ててほしい。