IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

INFINIDAT JAPAN合同会社

技術文書

INFINIDAT JAPAN合同会社

ストレージ統合はもう難しくない、ダウンタイムやコストを削減する正しい進め方

従来ストレージ統合は、技術的なリスクやデータアベイラビリティなど多くの課題を抱えていたが、近年は“自己管理ストレージアレイ”の登場で、ハードルは下がりつつある。統合の効果と、それを最大化するベストプラクティスを紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2021/07/19 フォーマット PDF 種類

技術文書

ページ数・視聴時間 12ページ ファイルサイズ 1.68MB
要約
 これまでのストレージ統合は、技術的なリスクやデータアベイラビリティなど、さまざまな課題を抱えていた。しかし、現在では、インテリジェントなデータ配置判断ができる自己管理ストレージアレイが登場し、これらの懸念は一掃され、ストレージ統合が注目されてきている。

 例えば、ストレージ統合では、多数のコントローラーを備えた高性能なハードウェアを利用できるというメリットがある。高性能なハードウェアの使用は、ハードウェア障害が発生した場合やソフトウェア更新の場合に、より一貫した性能を提供できる。また、ストレージシステムの数が減れば、システムを構成するための部品総数が減る。部品総数の減少は故障率の低減につながり、結果として、ダウンタイムやデータ消失リスクが減るというメリットもある。

 本資料では、このようなストレージ統合のメリットを説明するだけでなく、ダウンタイムや修理作業の主要理由についての解説や、障害計算に関するチュートリアルなども公開している。今後のストレージシステムを考える上で、非常に参考になる資料だ。