IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

CircleCI合同会社

Webキャスト

CircleCI合同会社

注目のクラウドCI/CDツール、オンプレミス版との運用上の違いとは?

継続的インテグレーションと継続的デリバリーによって開発効率を向上させ、迅速かつ安定的なソフトウェア提供を実現するCI/CDツール。SaaSとして提供されるツールは、従来のオンプレミス版とどのような点が異なるのか。

コンテンツ情報
公開日 2021/06/21 フォーマット URL 種類

Webキャスト

ページ数・視聴時間 1時間2分59秒 ファイルサイズ -
要約
 継続的インテグレーション(CI)と継続的デリバリー(CD)によって開発効率を向上させ、ソフトウェアを迅速かつ安定的に提供するため、多くの組織がCI/CDツールを導入している。従来のCI/CDツールはオンプレミスでの運用が主流だったが、昨今ではSaaSとして提供されるCI/CDツールが登場し、注目度を高めている。

 クラウドCI/CDツールがもたらす最大のメリットは、物理インフラの構築に要するリソースを大幅に削減できる点だ。また、初期設定やメンテナンスなどの運用が省力化できることも、クラウドならではのメリットといえるだろう。ただし、オンプレミス版のツールとは異なる点も多いため、移行に際しては事前の学習が必要だ。

 本コンテンツでは、クラウドCI/CDツールの基本的な仕組みと独自機能について紹介する。さらに、インフラの構造とその構築手法、初期設定、トリガー、ジョブ/パイプラインといった要素ごとに、代表的なオンプレミスツールと比較しながら運用上の違いを解説しているので、参考にしてほしい。