IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

フォーティネットジャパン株式会社

事例

フォーティネットジャパン株式会社

メール脅威への対抗策は? トヨタグループに学ぶセキュリティ最新化のコツ

メールをトリガーとしたインシデントを防ぐにはどうすればよいのか。トヨタグループはメールセキュリティを強化するため、クラウド型サンドボックスなど最新機能を備える対策を模索していた。同社の取り組みから刷新のヒントを学びたい。

コンテンツ情報
公開日 2021/06/14 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 721KB
要約
 メールセキュリティはトヨタグループにおいても重点的に取り組まれるポイントだ。グループのITを支援するトヨタシステムズは、メールをトリガーとするインシデントの増加、そしてセキュリティ対策製品の保守期限が迫ったことを受けて、グループ各社への展開も見据えたメールセキュリティのモダナイズに着手した。

 ポイントの1つは、未知の脅威への対抗策だ。すでにグループ内でもインシデントが発生しており、クラウドベースのサンドボックスといった最新機能の実現が検討されてきた。一方で、セキュリティは仕事の生産性を向上させるものではないだけに、投資を抑えて導入できることも要件になった。

 加えて、同社を悩ませたのがスケジュールだ。全国に約700社あるグループ企業に4~6カ月という短期間で集中的に展開・移行する必要があった。このために同社は、どのようなソリューション、導入方法を選んだのか。本資料では、このセキュリティ刷新事例から、多くの企業が求めるメールセキュリティ刷新のポイントと、スムーズな展開の秘訣を探る。