IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

フォーティネットジャパン株式会社

レポート

フォーティネットジャパン株式会社

ITとOTが統合される時代、製造業のセキュリティ対策に求められる要素とは?

製造業のインダストリー4.0時代はITとOTの統合が進む時代でもある。デジタル変革に向けた価値創造のためにもこの統合は不可欠だが、ITとOTではセキュリティに対する考え方が異なるため、新たな発想による対策の導入が求められている。

コンテンツ情報
公開日 2021/06/14 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 20ページ ファイルサイズ 1.49MB
要約
 製造業においてインダストリー4.0が注目されて久しい。この流れの中で、工場のデジタル化が進み、運用面の大幅な効率化が実現したが、セキュリティは複雑化した。ITとOTが統合したことで攻撃対象領域が拡大し、インターネットの脅威がOTの産業制御システム(ICS)に及ぶようになったからだ。

 サイバー攻撃の多くはデータを盗むものだが、工場の生産を止めて物理的損害を与える攻撃も増えている。ITではデータの機密性保護が主要課題である一方、OTでは生産を中断なく継続させる可用性が最大のテーマであり、安全性・信頼性に対する考え方も全く異なる。デジタル変革による価値創造のために両者の統合を図るなら、ネットワーク内に新たなセキュリティを築く必要があるが、従来のITセキュリティではOTのインフラと適切に連携できない。

 本資料では、ITとOTが統合された状況におけるサイバー攻撃のさまざまな事例を眺めつつ、OTネットワークのセキュリティ強化を実現するソリューションを解説している。IT/OTを可視化し、両者にまたがるセキュリティをカバーするアプローチとはどのようなものか。その答えを本資料で確認してもらいたい。