IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

NTTスマートコネクト株式会社

製品資料

NTTスマートコネクト株式会社

経営層の承認を得やすい、セキュリティ対策の企画書/稟議書作成のポイントは?

UTMなどセキュリティ対策の導入には、企画書や稟議書の提出が必要になる。しかし、日常で発生しづらい脅威に備えるための投資は効果が見えにくく、経営層の承認を取り付けるのは難しい。そこで、承認を得るためのポイントを解説する。

コンテンツ情報
公開日 2021/06/11 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 10ページ ファイルサイズ 2.29MB
要約
 セキュリティ対策における意思決定は、担当者のみで出来ないことが多く、導入へのファーストステップとして、上長や経営層の理解を得るための「企画書」「稟議書」の提出が必要になる。しかし、UTM(統合脅威管理)などのセキュリティ対策ソリューションの導入は、日常で発生しづらい脅威に備えるための投資なので効果が見えにくく、社内の承認を取り付けるのが難しい傾向がある。

 セキュリティ対策に関する企画書や稟議書を作成するに当たって、最初に考えなければならないことは、例えば自社にとって「なぜUTMが必要なのか」というような目的を明確にすることだ。そのためには、まず社内のセキュリティ上の課題がどこにあるのかを把握することが重要になる。そして、セキュリティ対策の強化が自社の事業にどれほどのメリットをもたらすか、数値を添えて提示することが求められる。

 本資料ではこのように、UTM導入を想定し、スムーズに経営層の承認を得るためのポイントを解説する。リスクやコスト、費用対効果などをどう示すか、企画や稟議において社内承認に苦労している担当者は必見の内容だ。