IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

Ivanti Software株式会社

事例

Ivanti Software株式会社

モバイル端末をどう管理? 東映アニメーションに学ぶリモートワーク環境構築法

リモートワークでは、モバイル端末の活用が鍵となる。通話から勤怠管理、情報収集まで幅広くモバイルを利用する東映アニメーションは、進化系MDMにより、コロナ下でもスマートフォンを最大限活用できる体制を構築した。その手法とは?

コンテンツ情報
公開日 2021/06/10 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 450KB
要約
 国内におけるアニメーション制作のパイオニア的な存在である東映アニメーションは、早い時期からスマートフォンなどのモバイル機器を業務端末として活用。内線通話や勤怠管理、業務のための情報収集など幅広い利用を推進している。だが、デバイス管理のために最初に導入したMDM製品は動作が安定せず、機能も不足。ベンダーのサポート力も弱く不満を抱えていた。

 そこで同社は、IDaaS(Identity as a Service)の導入と同時にMDMをリプレースする。新たに選択したのは、MDMの進化系ともいえる統合エンドポイント管理(UEM)ソリューションで、IDaaSとの連携性があること、メンテナンス負荷が低いことなどが選定理由となった。導入後も稼働の安定性が高く、業務に影響を与えずにストレスなく使え、抱えていた課題も解消されたという。

 さらに、コロナ下では先に導入していた数々のクラウドサービスとの併用により、スマートフォンを最大限に活用できるリモートワーク環境のスムーズな構築にもつながった。これからの時代に求められる働き方を先取りした取り組みの詳細を、本資料にて確認してほしい。