IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

パロアルトネットワークス株式会社

Webキャスト

パロアルトネットワークス株式会社

IaaS環境から開発環境までガバナンスを徹底、マルチクラウドセキュリティ強化術

マルチクラウド環境でセキュリティガバナンスを適用/維持するには、一貫したルールを定義し、全てのIaaS環境での適用状況を監視/修正することが求められる。そのカギとなる「可視化」について、4つの観点から強化する方法を紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2021/06/08 フォーマット URL 種類

Webキャスト

ページ数・視聴時間 22分23秒 ファイルサイズ -
要約
 ニーズや目的の変化に合わせてクラウドサービスを使い分けるマルチクラウド化では、複数のIaaS環境をどう運用するかが新たな課題として浮上してくる。特にセキュリティガバナンスの適用と維持のため、一貫したルールを定義し、全てのIaaS環境での適用状況を監視・修正することが求められる。

 その重要なポイントが「可視化」だ。具体的には、コンフィギュレーション監査/監視、アクティビティー可視化/監査、ID/特権管理、通信可視化/分析といった4つの観点による対策が考えられる。その実現の鍵となるのが、「CSPM」(クラウドセキュリティ態勢管理)と呼ばれる領域から、より上位のレイヤーを範囲とする「CWPP」(クラウドワークロード保護プラットフォーム)までをカバーするセキュリティソリューションだ。

 本Webキャストでは、このマルチクラウド時代のセキュリティ対策を紹介している。コンテナの可視化機能も備えており、IaaS環境から開発環境までガバナンスを行き届かせることが容易になるという。