IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

TIS株式会社

製品資料

TIS株式会社

ハイパーバイザー市場で利用シェアが拡大、「Nutanix AHV」が選ばれる3つの理由

近年のハイパーバイザー市場において、「Nutanix AHV」が着実に利用シェアを伸ばしている。その「3つの理由」を明らかにするとともに、Nutanix AHVの導入を検討する際に押さえておきたい機能の数々を紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2021/05/20 フォーマット URL 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ -
要約
 近年、仮想化ソフトウェアであるハイパーバイザーの市場に、変化の兆候が見られるようになってきた。その契機となったのが、2015年にリリースされた「Nutanix AHV」だ。リリース以降の採用実績は増加を続け、2019年にはNutanix出荷台数の約半数がNutanix AHVが占めるまでになっている。

 その理由は優れた経済性、管理性、機能性にあるという。特にHCI製品にサポートを含む形で無償バンドルされる点は、コストを抑えたい組織にとって大きな魅力となる。加えて、直感的に操作できるGUIにより、インフラを一元的に管理したり、エンタープライズ向け機能の数々を実行したりすることもできる。

 本コンテンツでは、HAや分散処理、アフィニティコントロール、ゼロダウンタイムのスナップショットなど、Nutanix AHVが備える機能の数々を分かりやすく紹介する。Nutanixを導入したいが、「最適な構築、運用方法が分からない」「セキュリティ機能を実装した環境を低コストで実現したい」といった企業もぜひ参考としてもらいたい。