IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

ソフォス株式会社

レポート

ソフォス株式会社

Emotetもコモディティ化、脅威の最新動向から考えるセキュリティ対策の勘所

新型コロナウイルスに便乗したメール詐欺、クラウド環境の脆弱性を狙う攻撃など、サイバー攻撃はますます高度化を続けている。これらに対し、企業はどう対処すればよいのか。調査結果から見えた、セキュリティ担当者が取るべき指針とは?

コンテンツ情報
公開日 2021/05/17 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 36ページ ファイルサイズ 5.39MB
要約
 2020年は、多くの組織で新型コロナウイルスへの対策に追われる1年となったが、感染拡大防止策としてリモートワークが普及したことで、家庭のネットワークがセキュリティの最終防衛線となる状況が生まれている。各家庭に設置されたモデムが企業ネットワークの境界となることで、セキュリティ対策を見直す必要が生まれている。

 実際、新型コロナウイルスに便乗したメール詐欺などの攻撃が増加している。これには、ニュースにもなったEmotetをはじめ、マルウェアがSaaS型で犯罪者に提供され始めている影響も大きい。また、リモートワークだけでなく、ロックダウン中の教育や娯楽にもクラウドコンピューティングの利用が拡大しており、クラウド環境の脆弱性を狙う攻撃が問題になっている。

 本資料は、こうした最新のセキュリティ動向を伝える脅威レポートだ。新型コロナウイルスを受けた脅威の変化に加え、ランサムウェア市場の拡大、WindowsとLinux両方を稼働させるサーバを標的とする攻撃、IoTを介する脅威などの注目すべきテーマの現状を解説。企業・組織のセキュリティ担当者が取るべき指針を明らかにしている。