IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

デジタルサーカス株式会社

製品資料

デジタルサーカス株式会社

企業WebサイトにオープンソースCMS? 大規模サイトでも採用され始めた背景は

自社サイトの構築・運用のために、オープンソースCMSを採用するケースが増えているという。これまではセキュリティや責任の所在などを懸念されることが多かったオープンソースCMSだが、その常識をアップデートする必要があるようだ。

コンテンツ情報
公開日 2021/05/18 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 8ページ ファイルサイズ 601KB
要約
 Webサイトの構築・運用を、HTMLの知識なしに可能にするCMSは、個人・企業を問わず幅広く利用されている。多種多様なCMSツールが提供されているが、大きく分けるとエンタープライズ向けで大規模サイトが構築可能な商用CMSと、ライセンス費用がかからないオープンソースCMSの2種類があり、後者を採用する企業が今、増えているという。

 従来のオープンソースCMSは、特定ベンダーによる保証はなく、セキュリティ面で不安があると考えられており、あくまで個人向けというイメージが強かった。しかし、現在は企業の大規模サイトのニーズに応えて、カスタムモジュールが豊富で高度なカスタマイズが可能なソリューションも登場し、その不安の解消に大きく寄与している。

 本コンテンツでは、オープンソースCMSが注目を集め、中・大規模サイトでも採用事例が増えている理由について、さまざまなデータを示しながら解説していく。オープンソースCMSといえば個人ブログ向けと考えているなら、その常識が覆されることになるだろう。