IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

三井情報株式会社

製品資料

三井情報株式会社

Kubernetesで製品リリースが遅延? 開発者のリソース割り当てを迅速化するには

Kubernetesを自前運用する際の課題としてよく挙げられるのが、構築の複雑さや自動化の難しさに加え、開発者がリソースを必要な時に入手できず、開発プロセスや製品リリースの遅れを招くというものだ。これらを解消するのに有効な方法は?

コンテンツ情報
公開日 2021/04/28 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 13ページ ファイルサイズ 2.84MB
要約
 オープンソースのKubernetesを自前で構築・運用する場合、課題として挙がるのがその複雑さだ。構築自体の複雑さに加え、約3カ月ごとのマイナーリリースもあり、自動化も容易ではない。アプリ開発者が開発環境のリソースを必要な時に入手できず、開発プロセスや製品リリースの遅れにつながる場面も多々見受けられる。

 このため、問題を解消済みの商用ディストリビューションを利用したい。開発者へのリソース割り当て運用に対しては、管理者が開発者ごとにネームスペースを切り出すことで、その範囲内で開発者がKubernetesのライフサイクル操作を自由に行える機能が実装されている。使い慣れたVMware vSphere上に実行環境を構築できるものもあり、導入・運用全体をシンプル化できる。

 さらにサービスの需要の急速な変化を考えれば、オンプレミス環境のスケールアウトが容易なハイパーコンバージドインフラ(HCI)との組み合わせが理想的だ。本資料では、これらの組み合わせによって、Kubernetes環境の課題がどのように解消されるのかを詳しく解説していく。