IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

リバーベッドテクノロジー株式会社

Webキャスト

リバーベッドテクノロジー株式会社

PacketShaperのサポート終了目前、次の「WAN高速化」の手段には何を選ぶべき?

データ量の急増によるネットワーク遅延を帯域制御によって解消するWAN高速化ソリューション。その代表格がブロードコムのPacketShaperだが、2022年3月にサポート終了を迎えることから、代替製品の模索は利用企業にとって急務となる。

コンテンツ情報
公開日 2021/04/22 フォーマット URL 種類

Webキャスト

ページ数・視聴時間 6分17秒 ファイルサイズ -
要約
 テレワークの普及によるクラウドサービスの利用増、拠点間通信の拡大などにより、ネットワーク遅延に悩まされる企業が増えている。この課題の解決策の1つが、回線から重複データを排除して差分のみを転送したり、アプリケーションとサーバ間の通信を効率化したりするアーキテクチャを用いた「WAN高速化」ソリューションだ。

 WAN高速化は、回線そのものを高速化するわけではないが、回線内を流れるデータを最適化することで、拠点間通信やSaaS通信におけるレスポンスを改善できるとしてよく知られている。その代表格といえるのが、ブロードコムが提供する「PacketShaper」だが、2022年3月のサポート終了が既にアナウンスされている。また後継製品は提供されないため、利用企業は代替ソリューションを急ぎ探す必要がある。

 そこで注目したいのが、インバウンド/アウトバウンド双方向でのシェーピングや優先制御(QoS)、DPIエンジンによるアプリ識別など、高度な機能を備えた帯域制御ソリューションだ。本Webキャストでは、PacketShaperの代替製品として有力な同ソリューションについて、核となる4つの機能を分かりやすく紹介する。