IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

TISインテックグループ

製品資料

TISインテックグループ

製造業における生産管理パッケージ導入、「Fittingアプローチ」のメリットとは

製造業において、生産現場の見える化や業務効率化を支援する生産管理パッケージ。その導入においては、パッケージの標準機能を最大限に活用できる「Fittingアプローチ」を採用し、業務の標準化と導入コストの低減を実現したい。

コンテンツ情報
公開日 2021/04/21 フォーマット URL 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ -
要約
 現代の製造業がビジネスの競争力を維持するためには、業務プロセスの見直しによる生産現場の見える化や業務効率化が不可欠だ。そのために、サプライチェーン全体を管理できる生産管理パッケージの導入を検討する企業は少なくない。

 パッケージの導入方法としては、「Fit&Gapアプローチ」が一般的だが、業務標準化を進めるための有効な方法として注目したいのが、「Fittingアプローチ」だ。パッケージの標準機能を最大限に活用できるよう、システムサイドがユーザーと一緒に業務手順やルールを考えて検証するアプローチで、業務の標準化と導入コストの低減を同時に実現できる。

 本資料では、パッケージ導入時・導入後におけるFiitingアプローチのメリットについて詳しく解説する。システム導入前に要件整理と機能適合性評価を行うなど、Fittingアプローチを実現するための流れについても知ることができるので、パッケージの導入を検討している企業はぜひ目を通してみてほしい。