IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

Ivanti Software株式会社

事例

Ivanti Software株式会社

PC1万5000台の脆弱性対応を1週間で、ブラザー工業に学ぶパッチ適用の自動化術

ユーザーの手作業によるセキュリティパッチの適用に限界を感じ、ソフトウェアの脆弱性対応の自動化を決意したブラザー工業。世界に分散する拠点で、合計1万5000台ものPCを運用する同社は、どのように効率化を実現したのか。

コンテンツ情報
公開日 2021/04/08 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 3ページ ファイルサイズ 258KB
要約
 40以上の国や地域でビジネスを展開する電機メーカーのブラザー工業。同社では情報漏えい対策を重視したセキュリティ対策を従来も行ってきたが、サイバー攻撃の高度化を受け、防御策を強化する必要に迫られていた。中でも課題だったのがソフトウェアの脆弱性への対応で、ユーザーの手作業によるパッチ適用が、頻度や数の増加に伴い機能しなくなっていた。

 これにより、監査に多額のコストを投じているにもかかわらず、脆弱性が放置されたPCが多数存在する状況が生まれていた。そこで同社は、脆弱性対応を自動化すべく、セキュリティパッチ管理ソフトとエンドポイント管理ソフトを導入する。拠点ごとの中継サーバが不要で、帯域が不十分なWAN経由でもパッチ配信を細かく制御できる点が決め手となった。

 導入後は、最新のパッチが自動的に適用されるようになり、管理者/ユーザー双方の負担を軽減しながら、合計約1万5000台の全PCの脆弱性対応を、情報公開から1週間以内に完了できるようになった。また常に安全が担保されるため、監査を廃止できコスト削減も実現するなど、大きな効果が生まれている。本資料で、その詳細を見ていこう。