IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

株式会社クオリティア

製品資料

株式会社クオリティア

7つのアプローチで情報漏えいを阻止、メール誤送信防止サービスの実力とは?

クラウドへの移行が進む昨今、メール・添付ファイルを経由した情報漏えいが問題視されている。そこで、原因にかかわらず、7つのアプローチで情報漏えいを阻止するメール誤送信防止サービスを紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2021/04/08 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 862KB
要約
 働き方の多様化やコスト・運用負荷の削減、BCP対策などの理由から、クラウドへの移行が加速する昨今。一方で、クラウドメールや添付ファイルを経由した情報漏えいが問題視されており、場所を選ばずメールを送受信できる今だからこそ、セキュリティの確保が急務となっている。

 そこで注目されているのが、Microsoft 365やGoogle Workspaceと連携し、メールの誤送信を防止するサービスだ。送信メールの一時保留や時間差配信、添付ファイルの暗号化といった、7つのアプローチで情報漏えいを防止する。また「パスワード付きZIPファイル(PPAP)」対策として、添付ファイルをメール本文と分離し、パスワードを用いてWebから別途ダウンロードする機能なども実装されている。

 本資料では、同サービスが選ばれる3つの理由や機能の全貌、2社での導入事例を紹介するとともに、メール・添付ファイル経由の情報漏えいが起こる2つの原因を解説する。政府によるPPAP廃止宣言を受け、多くの企業でメールセキュリティへの関心が高まる現代において、欠かせない存在となるだろう。