IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

ドキュサイン・ジャパン株式会社

事例

ドキュサイン・ジャパン株式会社

1週間かかっていた海外契約を2日で締結、事例に学ぶ電子署名ツールの活用法

契約に関する業務の効率化に大きく貢献する「電子署名」。海外企業とのやりとりや海外での特許出願も多いソフトウェア開発企業の事例から、電子署名を効果的に活用して作業工数を削減するための方法を探る。

コンテンツ情報
公開日 2021/04/01 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 283KB
要約
 紙ベースの契約書では、文書の印刷・製本や送付、署名済み文書の回収など多くの作業が発生する。その作業工数を削減し、担当者の負荷を軽減するツールとして導入が進んでいるのが「電子署名」だ。自動運転に関連するソフトウェア開発を手掛けるウーブン・プラネット・ホールディングスもその1社。同社では、従来1週間ほどかかっていた海外契約の締結を平均2日以内にまで短縮している。

 また、米国での特許出願の場合、宣誓書の提出だけでも発明者全員分の署名が必要になるが、ここでも電子署名を活用した同社は、その労力と時間を削減。さらに、署名の順番が決まっているケースでも、ワークフローを細かく設定することで効率的に収集できる仕組みを構築し、取りまとめ担当者の負担を大幅に軽減している。

 本資料では、同社の取り組みから電子署名ツールの活用法や導入効果を探る。業務負担の軽減だけでなく、ペーパーレス化や柔軟な働き方への対応など、さまざまなメリットが期待できる電子署名の実力を、生の声から確認してほしい。