IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

ファイア・アイ株式会社

製品資料

ファイア・アイ株式会社

現状でスピアフィッシングは防げるか? メール攻撃対策見直しの5つのポイント

メールを起点とした標的型スピアフィッシングやなりすまし攻撃など高度な脅威が増える中、旧来型のスパム対策やアンチウイルスは無力になりつつある。こうした中、メールセキュリティ対策にはどんな進化が求められるのか。

コンテンツ情報
公開日 2021/03/29 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 554KB
要約
 サイバー攻撃の91%がスピアフィッシングメールから始まるといわれるほど、メールを起点とした標的型攻撃が後を絶たない。その対策として、旧来型のスパム対策やアンチウイルスを採用している企業は多いが、これらは高度ななりすまし攻撃などは検知できないため、データ侵害による顧客の信頼失墜など、甚大な被害につながるリスクがある。

 これを回避するには、対策側も攻撃にあわせて迅速に“進化”することが求められる。具体的には、シグネチャに頼らない未知の脅威の検知、誤検知の最小化、脅威インテリジェンスへの活用などが必要になる。また、他のセキュリティツールとの統合や、クラウド対応、拡張性の向上といった点も欠かせない。

 本資料では、巧妙化するメール攻撃に現状の対策が有効か否かを見分ける5つのポイントともに、なりすまし攻撃やスピアフィッシングなど高度な脅威に有効な、機械学習と解析技術を活用したソリューションを紹介する。ネットワークセキュリティとの統合で複合型攻撃を検知/阻止できる他、オンプレミス/クラウドから導入形態を選べる点も魅力だ。