IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

ファイア・アイ株式会社

製品資料

ファイア・アイ株式会社

国内外で被害続出、増加する「標的型ランサムウェア」への有効な対策とは?

標的型攻撃の手法を用いた、新たなランサムウェアによる被害が続出している。また、これまで有効な対策とされてきたデータバックアップが通用しない手口も登場。ランサムウェアの最新動向とともに、いま求められるセキュリティ対策を探る。

コンテンツ情報
公開日 2021/03/29 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 3ページ ファイルサイズ 906KB
要約
 暗号化したファイルの復元と引き換えに、身代金を要求するランサムウェア。以前は不特定多数を狙う手法が多かったが、特定の企業を狙う標的型ランサムウェア攻撃が増加。国内外で被害が続出している。

 さらに、取得したデータを公開すると脅すなど、これまでは有効な対策とされてきたデータバックアップが意味を成さない手口も登場。また、侵入経路にはいくつかあるが、特に公開ホストについては、テレワーク化によりリモートデスクトップの導入が増加する中で脅威が高まる恐れがある。

 本資料では、こうした標的型ランサムウェアの最新動向とともに、必要な対策を紹介する。甚大な被害を回避するには早期検知・早期対応の仕組みを実現する必要があり、そのためにはEDR(Endpoint Detection and Response)製品と、初期のインシデント調査を一任できるマネージドサービス(MDR)の導入が有効だとしている。本資料を参考にして、自社の対策に役立ててほしい。