IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

SB C&S株式会社

製品資料

SB C&S株式会社

運用はオンプレミス、利用料はクラウドライクに――サーバ調達の新たな形とは?

ITインフラ選定が難しい理由の1つにビジネス環境の変化が挙げられる。オンプレミスでタイムリーにインフラを整備するのは時間・コストの両面で負担が大きい。かといってセキュリティ面から全面クラウド移行も難しい。最善手は何だろうか。

コンテンツ情報
公開日 2021/03/18 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 580KB
要約
 自社に最適なITインフラを見つけることは難しい。オンプレミス環境では、変化の激しいビジネスニーズに合わせてリソースを調達するのは困難だ。パブリッククラウドという選択肢もあるが、セキュリティやガバナンスの面から移行できない企業も少なくない。また、クラウドはオンプレミスほどフレキシブルに運用できないという課題もある。

 理想は、オンプレミスでリソースを柔軟に拡張でき、しかもパブリッククラウドのように利用した分しかコストがかからない環境だろう。ハードウェア資産を購入しないため、初期投資が抑えられ、IT投資リスクを低減しながら最新の機器を導入できる。さらに、IT環境が複雑化・大規模化していくことを考えれば、運用・管理・障害対応をベンダーの専任エンジニアに任せられると効率的だ。

 本資料では、こうしたニーズに応えて、オンプレミスとパブリッククラウドのメリットを両立したIT調達サービスを紹介している。初期投資の最適化はもちろん、保守や拡張など多岐にわたるメリットは、ITライフサイクルの課題の多くを解決できそうだ。