IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

インフォアジャパン株式会社

製品資料

インフォアジャパン株式会社

製造業界の迷信? 「アジャイル手法とERP変革は両立できない」は本当か

製造業界においては、アジャイル手法とERPの変革は両立できないものと考えられてきた。その理由として「ERPの本稼働後には進化が止まってしまう」といった点などが挙げられるが、これらはよくある「迷信」であり、「真実」は異なる。

コンテンツ情報
公開日 2021/03/09 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 1ページ ファイルサイズ 977KB
要約
 製造業界においては、継続的に機能開発するアジャイル手法とERPの変革は両立できないものと長らく考えられてきた。ERPは特定要件のためにより広範囲な開発が最初に必要であり、本稼働後には進化が止まってしまうといった点や、カスマイズをするとバージョンアップが簡単ではないなどが、その理由としてよく挙げられる。

 しかし実際のところ、ERPは業界要件やコンフィギュレーション可能な機能を組み込んだり、モダナイゼーションにより常に最新の機能を使ったりすることが可能だ。最近では、業界のベストプラクティスを常に取り込むため、30日ごとにアップグレードできるクラウドERPも登場している。これらのメリットを理解できれば、アジャイル手法とERP変革の両立に向けた道筋が見えるはずだ。

 本コンテンツでは、製造業界でよくあるERPの8つの「迷信」を挙げ、それぞれについて「真実」を解説している。変化に迅速で柔軟に対応するアジャイルな組織は、長期的なパフォーマンスを示す指標となる「組織の健全性」で上位25%に入る可能性が70%も高くなるという。アジャイルなERP導入を実現し、上位25%の組織となるためにも、ERPの真実を知ってほしい。