IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

アルファテック・ソリューションズ株式会社

事例

アルファテック・ソリューションズ株式会社

DaaSの課題をオンプレミスVDIで解消、山善の新環境を構築したHCIの長所とは?

リモートワーク環境を整備する場合、短期導入が可能で運用負荷の少ないDaaSが魅力的なようだが、パフォーマンス不足をはじめとする課題もある。このため、専門商社の山善では、DaaSからオンプレミスVDIに移行し、BCP対策も強化したという。

コンテンツ情報
公開日 2021/03/04 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 1.3MB
要約
 リモートワーク環境の整備とエンドポイントセキュリティの強化を両立できるDaaS(Desktop as a Service)は便利なソリューションだが、課題も存在する。生産財と消費財を取り扱う専門商社の山善も2013年に導入したが、パフォーマンス不足によりレスポンスが悪化し、柔軟にシステム増強もできないというジレンマを抱えてきた。

 そこでBCP対策の強化に伴ってDaaS環境を刷新することに。VDIのサービス品質をコントロールしたいという目的からオンプレミスのVDI基盤への移行を決めた。この実現の中核を担ったのが、運用性に優れたハイパーコンバージドインフラ(HCI)だ。汎用的なx86サーバをコンピュートノードとして組み込める拡張性を備え、無駄のない機器構成とビジネス成長に合わせた拡張が可能なことも、採用の決め手となった。

 本資料では、同社の事例からオンプレミスVDI移行のポイントを明らかにしている。導入後には、新型コロナ対策として急きょユーザー数を増加することになったが、HCIの優れた拡張性が奏功。BCP対策としての効果も既に上げ始めているという。