IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

フォーティネットジャパン株式会社

事例

フォーティネットジャパン株式会社

セキュアSD-WANを見据えてルーティング処理を刷新、トヨタシステムズの選択は?

3社統合に伴ってネットワークを再整備するに当たり、構成の簡素化とクラウド対応が課題となったトヨタシステムズ。そこで同社が着目したのが、SD-WANを活用したインターネットブレークアウトという選択肢だった。

コンテンツ情報
公開日 2021/02/09 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 652KB
要約
 トヨタ自動車の情報子会社3社が統合して誕生したトヨタシステムズ。同社では社内ネットワークを整備するに当たり、各社のLANを接続するのにとどまらず、耐障害性や品質の向上、ポリシーの統一や構成の簡素化などを実現する必要性を感じていた。また、リモートワークなどの影響でクラウドアプリケーションやテレビ会議の利用が増えていたこともあり、遅延をどう回避するかという課題もあった。

 そこで同社が着目したのが、SD-WANを活用したインターネットブレークアウトという選択肢だ。これを実現すべく、まず旧3社のネットワーク構成を見直してシンプル化するとともに、単一障害点をなくして冗長性を向上させた。あわせて、既存ルーターを、高度なルーティング機能を備えた次世代ファイアウォール(NGFW)へ刷新。高いコストパフォーマンスとグローバルでの評価、サポート体制の充実も決め手となった。

 同社では2021年3月以降SD-WANを段階的に導入し、効果測定を経て他拠点へ展開していく予定で、このNGFWが備えるセキュリティ機能を活用し、「セキュアSD-WAN」の実現も視野に入れているという。本資料で、同社の取り組みを詳しく見ていこう。