IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

Azul Systems Inc.

製品資料

Azul Systems Inc.

IoT組み込みソフトウェア開発に、オープンソースJavaの利用が最適である理由

モノのインターネット(IoT)がビジネスの現場に浸透するにつれ、その組み込みソフトウェア開発をいかに効率化するかが課題となっている。ソフトウェアの信頼性を確保しながら、開発の迅速化を実現するための最適解を探る。

コンテンツ情報
公開日 2021/02/04 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 8ページ ファイルサイズ 894KB
要約
 モノのインターネット(IoT)は、今やあらゆるビジネスの現場に浸透しつつあり、今後もデバイスの数や収集されるデータは飛躍的に増大することが予想される。IoTインフラでは、全てのデータをクラウドに送信するのではなく、センサーデバイスのゲートウェイで集計や分析をするため、これらのタスクを処理するためのソフトウェア開発が重要だ。

 しかし、組み込みソフトウェアの開発は容易なことではない。開発者には高度な知識とスキルが求められ、カスタム仕様のハードウェアに基本的なライブラリルーティンを実装する負荷も高い。そのため、開発においてはCやC++よりもJava VMを用いることが望ましいとされる。

 本コンテンツではIoT組み込みソフトウェア開発における課題を指摘しながら、その理想的なソリューションとして、オープンソースのJavaプラットフォームを挙げている。併せて、IoT組み込みソフトウェア開発に最適化されたオープンソースのJavaバイナリ製品についても紹介しているので、参考にしてほしい。