IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

センドメール株式会社

レポート

センドメール株式会社

実証!スパムフィルタ選定の必須条件。誤検出防止の精度と、ブロック率はこんなに違う。

サーバが悲鳴を上げるほどの膨大なスパムメール。中途半端なフィルタリングはもはやまったく意味がない。真に有効なスパム対策を講じるために、ISPや企業は何を基準にどのようにスパムフィルタを選ぶべきか。

コンテンツ情報
公開日 2007/02/09 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 19ページ ファイルサイズ 1.49MB
要約
独自の「コラボレーション型」の仕組みで、世界160ヶ国以上の信頼できる1,000万ユーザがスパム情報をリアルタイムにレポートするCloudmarkのスパムフィルタは、誤検出率0%を実証し、スパムメール44288通の97%をブロック。対してBrightmail Anti-Spamは、20%のスパムメールブロックに失敗。これは、IT製品・サービスを中立に評価するThe Tolly Groupが、ISPのハニーポットおよび企業のメールサーバが実際に受信したスパムでテストした結果である。 ISPや企業がゲートウェイで真に有効なスパムメール対策を講じたいならば、誤検出率/ブロック率、そして、最新脅威の発生後いかに迅速に正確な防御を行うことができるか、実証数値で比較することをお奨めする。本資料は、業界随一のスパムブロック率と0%の誤検出率を誇るスパムフィルタの仕組みとベンチマーク結果を紹介する。